MMOfan オンラインゲームの最新情報を紹介

最新オンラインゲーム
メルヘンバスターズ
BLACK SQUAD
攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE
ツリーオブセイヴァー
シャドウバース
暁の軌跡
セブンスダーク
Devil's Third Online
御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~
ソウルワーカー

ブログ内検索
◆ゲームライブラリー◆
(海外ゲームを含む)

やらわ
過去記事表示

カテゴリー
【ロールプレイング】
■アーキエイジ
■RFonline Z
■暁の軌跡
■アトランティカ
■アルマテジア
■ICARUS ONLINE
■インペリアル サガ
■英雄オンライン
■ECHO OF SOUL
■エターナルシティ3
■エミル・クロニクル
■M2-神甲天翔伝-
■エルダー・スクロールズ・オンライン
■エンジェル戦記
■エンジェル ラブ オンライン
■鬼斬
■CABAL ONLINE
■グラナド・エスパダ
■黒い砂漠
■君主オンライン
■幻想神域
■鋼鉄戦記C21
■C9
■三国群英伝ONLINE
■シルクロードオンライン
■新・天上碑
■ストラガーデン NEO
■星界神話 -ASTRAL TALE-
■セブンスダーク
■SUN(Soul of the Ultimate Nation)
■ソラノヴァ
■大航海時代V
■大航海時代Online
■タルタロス:リバース
■タワー オブ アイオン
■チョコットランド
■ツリーオブセイヴァー
■テイルズウィーバー
■デカロン
■TERA
■ドラゴンクエストX
■ドラゴンクエスト モンスターパレード
■ドラゴンズドグマ オンライン
■ナイトオンライン クロス
■熱血江湖オンライン
■眠らない大陸クロノス
■信長の野望Online
■パーフェクトワールド-完美世界-
■ハンターヒーロー
■パンドラ サーガ
■HIT
■ファイナルファンタジー 11
■ファイナルファンタジー 14
■ファンタシースターオンライン2
■プライド オブ ソウル
■プリストンテール
■フリフオンライン
■ブレイドアンドソウル
■BLESS
■ブレス オブ ファイア 6
■マスターオブエピック
■マビノギ
■マビノギ英雄伝
■ミュー~奇蹟の大地~
■MIRROR WAR
■ラグナロクオンライン
■ラペルズ
■リネージュ
■リネージュ レッドナイツ
■リネージュ2
■リネージュ2:レボリューション
■リ・ミックスマスター
■ルナティア
■レイヴン
■レッドストーン
■ローズオンライン
■ロードス島戦記オンライン
■R.O.H.A.N
【アクション/FPS/TPS】
■A.V.A
■アラド戦記
■エルソード
■オーバーウォッチ
■カウンターストライク オンライン
■機動戦士ガンダム オンライン
■KRITIKA
■CLOSERS
■クロスファイア
■ゲットアンプドX
■ゲットアンプド2
■攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE
■コズミックブレイク
■コズミックブレイク2
■ゴッドイーターオンライン
■サドンアタック
■真・三國無双 online
■スペシャルフォース2
■ソウルワーカー
■ダンジョンストライカーG
■トキメキファンタジーラテール
■ドラゴンネストR
■ドラゴンネスト2:レジェンド
■HOUNDS
■ヒーローズ イン ザ スカイ
■ファンタジーアース ゼロ
■フィギュアヘッズ
■BLACK SQUAD
■ポイントブランク
■マスター×マスター
■メイプルストーリー
■メルヘンバスターズ
■モンスターハンターフロンティアZ
■World of Warships
■World of Tanks
【SLG/MOBA/AOS】
■御城プロジェクト
■ガンダムジオラマフロント
■刀剣乱舞-ONLINE-
■ブレイブリーデフォルト プレイングブレージュ
■リーグ・オブ・レジェンド
【スポーツ/レース】
■競馬伝説Live!
■スカッとゴルフ パンヤ
■ドリフトシティ
【その他】
■シャドウバース
■雀龍門
■777タウン.net
■ポケモンGO
■桃色大戦ぱいろん
【ゲームポータル】
■@games
■ガンホーゲームズ
■ハンゲーム
【ゲームイベント】
■China Joy(中国)
■E3(アメリカ)
■gamescom(欧州)
■G-star(韓国)
■東京ゲームショウ(日本)
【その他のコンテンツ】
■ゲームblog
■ランキング
■攻略/レビュー
■アフィリエイト始めよう
■ブログをカスタマイズ

2017年04月25日
HanbitSoft IMC Gamesの株式12.26%を売却
2017042501.jpg

韓国のHanbitSoftは、本日(4月25日)同社が保有するIMC Gamesの株式12.26%を、ユニオングローバルコンテンツ投資組合などのベンチャーキャピタル(VC)に売却したことを明らかにした。これにより、HanbitSoftは約92億ウォンの資金を確保した。

2003年4月に設立されたIMC Gamesは、MMORPG「ラグナロクオンライン」を開発したキム・ハッキュ代表を主軸に、「グラナド・エスパダ」や「ツリーオブセイヴァー」などの人気MMORPGを開発したゲーム会社だ。
2017年04月17日
【韓国】kakao、NHN Entertainmentとの特許訴訟に勝利
kakaoは、NHN Entertainmentの特許管理専門子会社「K-Innovation」が保有特許侵害で提起した特許訴訟と関連し、自社が進行した特許無効審判で勝訴したことを明らかにした。

2017年4月13日、特許審判院はkakaoが提起したK-Innovation側の「ゲームフレンド登録方法(特許番号KR 1437355)」と「ゲームフレンドのゲームランキングを提供する(特許番号KR 1476976)」に関する特許無効審判請求について、特許無効の判決を下したとのこと。

昨年5月にNHN Entertainmentがソウル中央地裁に「子会社であるK-Innovationが保有する”フレンドAPI”の特許技術をカカオトークベースのゲームが無断使用している」として、kakaoを対象に特許侵害禁止等による損害賠償訴訟を提起。これに対し、kakaoは特許無効審判を請求する形で対抗していたという。
2017年04月14日
Webzen、日本法人Webzen Japanを設立。その目的は?
2016092901.jpg

韓国のWebzenは、日本のゲーム市場でPCオンラインゲームおよびスマートフォンゲームの運営とサービスを担当する現地法人Webzen Japanを設立した。

Webzen Japanは、2017年3月1日にWebzenの100%出資で設立されたゲーム会社で、代表は金成泰(キム・ソンテ)氏、従業員は17名(2017年4月現在)。今後は、日本でサービスされているWebzenのタイトルを全て直接運営する予定だという。

早速、ゲームオンを通じてサービスされている「ミュー ~奇蹟の大地~」「Soul of the Ultimate Nation(ソウル・オブ・ジ・アルティメット・ネイション)」「C9(Continent of the Ninth)」といった3タイトルがWebzen Japanへ運営移管されることが発表された。
2017年04月07日
Wemade Kakao株式を全て売却し2000億ウォンを回収
韓国のWemade Entertainmentは、2000億ウォン規模となるKakao普通株233万3270株(持分率3.45%)を時間外大量売買(ブロックディール)方式で処分することを決定したと3月5日に発表した。

今回の株式売却で、Kakaoに投資してから5年で1700億ウォンに達する投資収益を回収することとなる。2011年にKakao有償増資に参加して50億ウォン規模の株式を確保し、2012年には200億ウォンの追加投資を行ったという。今回の売却規模は投資比700%に達するとのこと。
2017年04月03日
【韓国】WEBZEN、ゲーム開発専門子会社「WEBZEN&PLAY」合併
韓国のWEBZENは、ゲームの開発と事業間のシナジー効果を高めるための一環として、ゲーム開発専門子会社「WEBZEN&PLAY」を本社に吸収合併すると発表した。

今回の発表によると、「MU Online」「R2」などのゲーム開発と独自の新作開発プロジェクトを担当するため、3年前に本社から分割したゲーム開発専門子会社「WEBZEN&PLAY」を合併し、所属している人員を本社の「ゲーム開発本部」に編入するという。ゲームの開発メンバーに、より信頼性の高いゲーム開発環境を用意し、優秀な人材を確保するために、子会社の吸収合併を決定したとのこと。
2017年03月31日
【韓国】Kakao、AI(人工知能)プラットフォーム事業を本格化
韓国のKakaoは、将来の成長事業として推進しているAI(人工知能)事業を本格化するために担当組織を設け、年内に独自のAIプラットフォームを開発し、これに適用したカカオサービスとスマートデバイスを順次公開する計画であることを明らかにした。

今回の発表によると、Kakaoは独自の人工知能技術とサービスを開発するために音声認識とAI関連技術ベースのサービスのR&Dを担当するTF(タスクフォース)を設け、これに既存の検索・推薦・データコネクション担当組織を統合した「AI部門」を新設したとのこと。

キム・ビョンハク部門長が率いるAI部門は、Kakaoの次世代戦略事業であるAI関連事業を担当する組織で、カカオAIプラットフォームの開発に加えて、これを活用した既存サービスの高度化と新サービスの開発、パートナーコラボレーションなどAI技術を活用したビジネスの革新に注力する計画だ。
2017年03月27日
【韓国】NEOWIZ Games、設立10周年を迎え「NEOWIZ」に社名変更
韓国のNEOWIZ Gamesは、2017年3月24日の定期株主総会で社名を「NEOWIZ」に変更する案を議決した。”Games”が外される形となる。

今回の社名変更は、設立10周年を迎え「NEOWIZ」ブランドを統合するために決定された。また、初心に帰って新たな飛躍を成し遂げるという意志も込められているとのこと。

これにより、今後は「NEOWIZ」および関連会社を通じて販売されるゲームを含む全ての製品は、統一ブランドである「NEOWIZ」製品として市場に流通されることとなる。
2017年03月22日
4:33 2016年年間業績を発表。営業損失317億ウォン
韓国のモバイルゲーム会社4:33 Creative Labは、2016年年間業績を発表した。

今回の発表によると、2016年年間業績は売上高1074億ウォン、営業損失317億ウォン、当期純損失673億ウォンであったとのこと。

前年に比べ、売上高は16%増加したが、新作ゲームの興行不振と各種コストの増加により営業損失は拡大。また、積極的な開発会社への投資に乗り出した結果、いくつかの投資会社の株価下落による減損損失と子会社の合併費用、1300億ウォンの切り替え償還優先株(RCPS)の帳簿利息で当期純損失の赤字幅も拡大するという結果に。
2017年03月15日
BLUESIDE、「KUF」IPを活用したモバイルゲーム3タイトルを発表
韓国にてBLUESIDEは、全世界で200万本をリリースしたXbox用ソフト「キングダムアンダーファイア」のIP(知的財産)を活用したモバイルゲーム3タイトルを発表した。

これは、3月14日にBLUESIDEが開催したカンファレンスで発表されたもので、先日、中国でサービスを開始したMMOアクション戦略RPG「キングダムアンダーファイア 2」の現状と今後の展開に関する情報や、新事業となる「キングダムアンダーファイア」のIPを活用したモバイルゲーム3タイトルの開発が発表された。
2017年03月13日
韓国BLUESIDE、「KUF」IPを活用したモバイルゲーム開発を発表
韓国にてBLUESIDEは、全世界で200万本をリリースしたXbox用ソフト「Kingdom Under Fire(キングダムアンダーファイア)」のIP(知的財産)を活用したモバイルゲームの開発を公式発表した。

本作の開発を主導するのはBLUESIDEの開発子会社であるMNM GAMESで、「2015年大韓民国ゲーム大賞」にも輝いた超大型モバイルアクションRPG「RAVEN(レイヴン)」の開発とサービスに携わった中心メンバー20人を引き入れ、BLUESIDEと共に新作モバイルアクションRPGの開発を進めていくという。
2017年03月07日
【韓国】チャイナリスクに震える韓国ゲーム業界
韓国が北朝鮮のミサイルに対処するため、米国の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度ミサイル防衛システム)」の配備を決定したことで、中国では反韓感情が高まり、報復として韓国製品の不買運動が活発化し、韓国ゲーム業界が危機に晒されているという。

すでに、中国では映画やドラマなど韓流コンテンツの放映が禁止され、自国内での韓国芸能人の活動が制限されたほか、化粧品をはじめ多数の韓国製品の輸入が禁止されるなど、THAAD配置をめぐり韓国への圧力が強められている現状で、将来的に韓国ゲームにも圧力がかかる可能性は高いとみられている。
2017年03月03日
新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」、本日発売!
2017011301.jpg

任天堂は、新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を、本日(3月3日)発売した。価格は、29,980円(税別)。

「Nintendo Switch」は、家庭用据置型テレビゲーム機でありながら携帯ゲーム機にもなる両対応のゲーム機で、「TVモード」「テーブルモード」「携帯モード」といった3つのモードでゲームが楽しめる。また、2つのユニークな本体着脱可能コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」が特徴で、「Joy-Con グリップ」に装着して使用したり、本体の左右に取り付けて使用したり、それぞれ単体で使用したりと、多彩なスタイルで使用することが可能となっている。

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー (Amazon)
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド (Amazon)
Nintendo Switch Proコントローラー (Amazon)
Nintendo Switch Joy-Conハンドル 2個セット (Amazon)
Nintendo Switch Joy-Con充電グリップ (Amazon)
Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き) (Amazon)
2017年02月28日
MGAME 2016年年間業績を発表。営業利益42億ウォン
韓国のMGAMEは、2016年年間業績を発表した。

今回の発表によると、2016年年間業績は売上高305億ウォン、営業利益42億ウォン、当期純利益36億2000万万ウォンであった。前年比でみると、売上高9.7%増、営業利益45.2%減、当期純利益150.1%増という結果に。

売上高はウェブゲーム「熱血江湖戦」の中国サービスに加え、PCオンラインゲーム「ナイトオンライン」のグローバルサービス(Steam)と、3月末にリリースしたモバイルゲーム「クレイジードラゴン」といった新規売上高が加わり、前年よりも9.7%増加した。

一方、営業利益はマーケティング費用の増加および無形資産として認識していた開発費のコスト処理で、前年に比べ45.2%減少した。また、当期純利益は無形資産の評価損失の減少で大幅に増加した。
2017年02月27日
ネクソン 「Tree of Savior」「グラナド・エスパダ」の開発会社と資本提携
ネクソンは、連結子会社であるNEXON Koreaが、IMC GAMES Co., Ltd.の株式を取得し、同社と資本提携をしたことを発表した。

2003年4月に設立されたIMC GAMESは、PCオンラインゲーム「Tree of Savior」や「グラナド・エスパダ」など、美麗かつ独創的なグラフィックを特徴とするゲームを手がける開発会社だ。

本提携を通じて、「Tree of Savior」における運用の強化、および開発中の新作モバイルゲーム「Tree of Savior: Mobile Remake」のグローバル配信に向け、IMC GAMESと密に協業を進めていくとのこと。
2017年02月27日
HanbitSoft 2016年年間業績を発表。営業損失48億6700万ウォン
韓国のHanbitSoftは、2016年年間業績を発表した。

今回の発表によると、2016年年間業績は売上高307億2700万ウォン、営業損失48億6700万ウォン、当期純損失75億4600万ウォンであった。前年比でみると、売上高は39%増加したが、営業損失および当期純損失は赤字幅が大きくなった。
最新記事のRSS☆ MMOfan 最新情報 ☆


【PR】おすすめオンラインゲーム

MMOファンに質問(・ω・)
 キャラの性別はどうしてる?
リアルは男性で、男性キャラ
リアルは男性で、女性キャラ
リアルは女性で、男性キャラ
リアルは女性で、女性キャラ
お気軽に投票して下さい♪

人気ゲームTOP10 (4月中旬)
1位.
BLESS

― 同
2位.
CLOSERS

― 同
3位.
BLACK SQUAD

↑ 2 Up
4位.
黒い砂漠

― 同
5位.
ロードス島戦記オンライン

↑ 11 Up
6位.
ドラゴンネストR

↑ 22 Up
7位.
TERA

― 同
8位.
ツリーオブセイヴァー

↓ 5 Down
9位.
ファンタシースターオンライン2

― 同
10位.
セブンスダーク

↑ 13 Up
※カテゴリー別PV数に基づく順位

★ 3D RPG ★

★ 2D RPG ★

★ わいわい大規模戦争 ★

★ アクションゲーム ★

★ シューティングゲーム ★

★ ブラウザゲーム ★

最新記事のRSS
Valid CSS!