MMOfan オンラインゲームの最新情報を紹介

最新オンラインゲーム
メルヘンバスターズ
BLACK SQUAD
攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE
ツリーオブセイヴァー
シャドウバース
セブンスダーク
ソウルワーカー

ブログ内検索
◆ゲームライブラリー◆
(海外ゲームを含む)

やらわ
過去記事表示

カテゴリー
【ロールプレイング】
■アーキエイジ
■RFonline Z
■暁の軌跡
■アトランティカ
■アルマテジア
■ICARUS ONLINE
■インペリアル サガ
■英雄オンライン
■ECHO OF SOUL
■エターナルシティ3
■エミル・クロニクル
■M2-神甲天翔伝-
■エルダー・スクロールズ・オンライン
■エンジェル戦記
■エンジェル ラブ オンライン
■鬼斬
■CABAL ONLINE
■グラナド・エスパダ
■黒い砂漠
■君主オンライン
■幻想神域
■鋼鉄戦記C21
■C9
■三国群英伝ONLINE
■シルクロードオンライン
■新・天上碑
■ストラガーデン NEO
■星界神話 -ASTRAL TALE-
■セブンスダーク
■SUN(Soul of the Ultimate Nation)
■ソラノヴァ
■大航海時代V
■大航海時代Online
■タルタロス:リバース
■タワー オブ アイオン
■チョコットランド
■ツリーオブセイヴァー
■テイルズウィーバー
■デカロン
■TERA
■ドラゴンクエストX
■ドラゴンクエスト モンスターパレード
■ドラゴンズドグマ オンライン
■ナイトオンライン クロス
■熱血江湖オンライン
■眠らない大陸クロノス
■信長の野望Online
■パーフェクトワールド-完美世界-
■ハンターヒーロー
■パンドラ サーガ
■HIT
■ファイナルファンタジー 11
■ファイナルファンタジー 14
■ファンタシースターオンライン2
■プライド オブ ソウル
■プリストンテール
■フリフオンライン
■ブレイドアンドソウル
■BLESS
■ブレス オブ ファイア 6
■マスターオブエピック
■マビノギ
■マビノギ英雄伝
■ミュー~奇蹟の大地~
■MIRROR WAR
■ラグナロクオンライン
■ラペルズ
■リネージュ
■リネージュM
■リネージュ レッドナイツ
■リネージュ2
■リネージュ2:レボリューション
■リ・ミックスマスター
■ルナティア
■レイヴン
■レッドストーン
■ローズオンライン
■ロードス島戦記オンライン
■R.O.H.A.N
【アクション/FPS/TPS】
■A.V.A
■アラド戦記
■エルソード
■オーバーウォッチ
■カウンターストライク オンライン
■機動戦士ガンダム オンライン
■KRITIKA
■CLOSERS
■クロスファイア
■ゲットアンプドX
■ゲットアンプド2
■攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE
■コズミックブレイク
■コズミックブレイク2
■ゴッドイーターオンライン
■サドンアタック
■真・三國無双 online
■スペシャルフォース2
■ソウルワーカー
■ダンジョンストライカーG
■トキメキファンタジーラテール
■ドラゴンネストR
■ドラゴンネスト2:レジェンド
■HOUNDS
■ヒーローズ イン ザ スカイ
■ファンタジーアース ゼロ
■フィギュアヘッズ
■BLACK SQUAD
■ポイントブランク
■マスター×マスター
■メイプルストーリー
■メルヘンバスターズ
■モンスターハンターフロンティアZ
■World of Warships
■World of Tanks
【SLG/MOBA/AOS】
■御城プロジェクト
■ガンダムジオラマフロント
■刀剣乱舞-ONLINE-
■ブレイブリーデフォルト プレイングブレージュ
■リーグ・オブ・レジェンド
【スポーツ/レース】
■競馬伝説Live!
■スカッとゴルフ パンヤ
■ドリフトシティ
【その他】
■シャドウバース
■雀龍門
■777タウン.net
■ポケモンGO
■桃色大戦ぱいろん
【ゲームポータル】
■@games
■ガンホーゲームズ
■ハンゲーム
【ゲームイベント】
■China Joy(中国)
■E3(アメリカ)
■gamescom(欧州)
■G-star(韓国)
■東京ゲームショウ(日本)
【その他のコンテンツ】
■ゲームblog
■ランキング
■攻略/レビュー
■アフィリエイト始めよう
■ブログをカスタマイズ

2014年10月30日
【韓国】初のマイナス成長を記録。行き詰まる韓国ゲーム産業
韓国にてゲーム産業の統計を収集し始めた2000年以降、初のマイナス成長を記録したことが発表された。

韓国文化体育観光部と韓国コンテンツ振興院が発刊した「2014 大韓民国ゲーム白書」によると、2013年度の韓国ゲーム市場規模は、2012年の9兆7525億ウォンに比べ0.3%減少となる約9兆7198億ウォンであったと推算された。

2008年以降、毎年10%以上の成長をみせてきた韓国ゲーム産業なだけに、今回マイナス成長となったことに危機感を感じているとのこと。また、2014年以降も10兆ウォン台に上昇することなく、9兆ウォン台で小幅の騰落を繰り返すと予想されている。
成長率に注目してみると、2008年は9.0%、2009年は17.4%、2010年は12.9%、2011年は18.5%、2012年は10.8%、2013年は-0.3%と、2011年をピークに大きく下落し始めていたことが分かる。ちょうどモバイルゲーム(スマホアプリ)が急成長しはじめた頃から、成長率が下落したようにみえる。

詳細内容をみれば、ゲーム制作部門の売上げは7兆9941億ウォンと2012年に比べ1013億ウォン増加した一方、ゲーム流通部門の売上げは1兆7257億ウォンと2012年に比べ1340億ウォン減少した。ゲーム産業全体で見ればマイナス成長であるが、実際はゲーム流通部門が大幅に減少しているようだ。

また、オンラインゲーム市場規模は2012年に比べ19.6%減少した5兆4523億ウォンで、全体の56.1%。一方、モバイルゲーム市場規模は2012年に比べ190.6%増加した2兆3277億ウォンで、全体の23.9%という結果に。この勢いのまま推移すれば、2015年にはオンラインゲームとモバイルゲームが逆転する見込みだ。

このほか、ゲーム輸出は前年対比2.9%増加した27億1540万ドルで、最も多く韓国ゲームが輸出された国は中国(全体の33.4%)であった。次いで、日本(20.8%)、東南アジア(18.8%)、北米(14.3%)、ヨーロッパ(8.9%)、その他の地域(3.8%)という結果に。

その内訳は、オンラインゲームが24億4589万ドルでゲーム輸出額全体の90.1%を占めており、モバイルゲームは2億2262万ドルと全体の8.2%という割合だ。国内で急成長をみせるモバイルゲームだが、海外競争力はまだまだといったところだろうか。

さらに、ゲーム制作部門の売上高を基準とした韓国ゲーム市場(約73億5900万ドル)は、全世界ゲーム市場(1170億1600万ドル)の6.3%を占める割合であったとのこと。

(Tangram)
コメント


コメントの投稿







管理人にだけ閲覧を許可する

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL → http://mmofan.blog39.fc2.com/tb.php/14235-70c4e721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事のRSS☆ MMOfan 最新情報 ☆


【PR】おすすめオンラインゲーム

MMOファンに質問(・ω・)
 キャラの性別はどうしてる?
リアルは男性で、男性キャラ
リアルは男性で、女性キャラ
リアルは女性で、男性キャラ
リアルは女性で、女性キャラ
お気軽に投票して下さい♪

人気ゲームTOP10 (5月中旬)
1位.
CLOSERS

― 同
2位.
BLESS

― 同
3位.
リネージュ2レボリューション

― 同
4位.
イカロスオンライン

↑ 2 Up
5位.
黒い砂漠

↓ 1 Down
6位.
セブンスダーク

↑ 20 Up
7位.
エルソード

↑ 1 Up
8位.
ツリーオブセイヴァー

↑ 11 Up
9位.
マビノギ英雄伝

↑ 1 Up
10位.
機動戦士ガンダム オンライン

↑ 28 Up
※カテゴリー別PV数に基づく順位

★ 3D RPG ★

★ 2D RPG ★

★ わいわい大規模戦争 ★

★ アクションゲーム ★

★ シューティングゲーム ★

★ ブラウザゲーム ★

最新記事のRSS
Valid CSS!