MMOfan オンラインゲームの最新情報を紹介

最新オンラインゲーム
メルヘンバスターズ
BLACK SQUAD
攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE
ツリーオブセイヴァー
シャドウバース
暁の軌跡
セブンスダーク
Devil's Third Online
御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~
ソウルワーカー

ブログ内検索
◆ゲームライブラリー◆
(海外ゲームを含む)

やらわ
過去記事表示

カテゴリー
【ロールプレイング】
■アーキエイジ
■RFonline Z
■暁の軌跡
■アトランティカ
■アルマテジア
■ICARUS ONLINE
■インペリアル サガ
■英雄オンライン
■ECHO OF SOUL
■エターナルシティ3
■エミル・クロニクル
■M2-神甲天翔伝-
■エルダー・スクロールズ・オンライン
■エンジェル戦記
■エンジェル ラブ オンライン
■鬼斬
■CABAL ONLINE
■グラナド・エスパダ
■黒い砂漠
■君主オンライン
■幻想神域
■鋼鉄戦記C21
■C9
■XAOC~ザオック~
■三国群英伝ONLINE
■シルクロードオンライン
■新・天上碑
■ストラガーデン NEO
■星界神話 -ASTRAL TALE-
■セブンスダーク
■SUN(Soul of the Ultimate Nation)
■ソラノヴァ
■大航海時代V
■大航海時代Online
■タルタロス:リバース
■タワー オブ アイオン
■チョコットランド
■ツリーオブセイヴァー
■テイルズウィーバー
■デカロン
■TERA
■ドラゴンクエストX
■ドラゴンクエスト モンスターパレード
■ドラゴンズドグマ オンライン
■ナイトオンライン クロス
■熱血江湖オンライン
■眠らない大陸クロノス
■信長の野望Online
■パーフェクトワールド-完美世界-
■ハンターヒーロー
■パンドラ サーガ
■HIT
■ファイナルファンタジー 11
■ファイナルファンタジー 14
■ファンタシースターオンライン2
■プライド オブ ソウル
■プリストンテール
■フリフオンライン
■ブレイドアンドソウル
■BLESS
■ブレス オブ ファイア 6
■マスターオブエピック
■マビノギ
■マビノギ英雄伝
■ミュー~奇蹟の大地~
■MIRROR WAR
■ラグナロクオンライン
■ラペルズ
■リネージュ
■リネージュ レッドナイツ
■リネージュ2
■リネージュ2:レボリューション
■リ・ミックスマスター
■ルナティア
■レイヴン
■レッドストーン
■ローズオンライン
■ロードス島戦記オンライン
■R.O.H.A.N
【アクション/FPS/TPS】
■A.V.A
■アラド戦記
■エルソード
■オーバーウォッチ
■カウンターストライク オンライン
■機動戦士ガンダム オンライン
■KRITIKA
■CLOSERS
■クロスファイア
■ゲットアンプドX
■ゲットアンプド2
■攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE
■コズミックブレイク
■コズミックブレイク2
■ゴッドイーターオンライン
■サドンアタック
■真・三國無双 online
■スペシャルフォース2
■ソウルワーカー
■ダンジョンストライカーG
■トキメキファンタジーラテール
■ドラゴンネストR
■ドラゴンネスト2:レジェンド
■HOUNDS
■ヒーローズ イン ザ スカイ
■ファンタジーアース ゼロ
■フィギュアヘッズ
■BLACK SQUAD
■ポイントブランク
■マスター×マスター
■メイプルストーリー
■メルヘンバスターズ
■モンスターハンターフロンティアZ
■World of Warships
■World of Tanks
【SLG/MOBA/AOS】
■御城プロジェクト
■ガンダムジオラマフロント
■刀剣乱舞-ONLINE-
■ブレイブリーデフォルト プレイングブレージュ
■リーグ・オブ・レジェンド
【スポーツ/レース】
■競馬伝説Live!
■スカッとゴルフ パンヤ
■ドリフトシティ
【その他】
■シャドウバース
■雀龍門
■777タウン.net
■ポケモンGO
■桃色大戦ぱいろん
【ゲームポータル】
■@games
■ガンホーゲームズ
■ハンゲーム
【ゲームイベント】
■China Joy(中国)
■E3(アメリカ)
■gamescom(欧州)
■G-star(韓国)
■東京ゲームショウ(日本)
【その他のコンテンツ】
■ゲームblog
■ランキング
■攻略/レビュー
■アフィリエイト始めよう
■ブログをカスタマイズ

2006年01月16日
ギルド ウォーズ(Guild Wars)
ギルドウォーズ ギルドウォーズ ギルドウォーズ

~ストーリー~
ギルドウォーズティリアの歴史
 神の調停によってもたらされた平和は永遠に続かなかった。数百年もの間続いた平和な時代も、火山の噴火と共に終わりを告げた。魔法を封じた5つの石が噴出し、ティリアのあちこちに散らばったのだった。4つの魔法の石と1つのキーストーンはブラッドストーンと呼ばれ、それぞれの石に封じられた魔力が周りの土地を侵食し、住民たちに影響を与えた。ブラッドストーンが、再び一つにまとまり破壊的な力が解き放たれることはなかった。だが、一つ一つのブラッドストーンに封じられた力は封印されていてもなお、人間たちの心に「強欲」の炎を灯すのだった。

 やがてブラッドストーンに封じられた魔力を求めて争いが生まれ戦争が始まった。それは人間同士の戦いだった。この大陸に生まれた3つの国、アスカロン、クリタ、オルに属するそれぞれのギルドが、ブラッドストーンを我が物にしようと戦った。ギルドの兵力はそれぞれの国の軍隊をも凌ぎ、国王もこの争いを止めることはできなかった。権力とブラッドストーンの力を求め、欲望に突き動かされて、ギルド間の抗争「ギルドウォー」は何十年も続いた。
 かつて結ばれた講和条約はたちまち反故にされ、和平交渉は何度試みても実らなかった。この争いで何十万もの人命が失われた。その傷痕が癒えることは無いと思われるほどに、戦いは家族を引き裂き、隣人同士を仲違いさせ、国と国との関係を悪化させたのだった。

 一つ一つの戦いは勝者と敗者を生んだが、いつまで経っても一国が覇権を握り二国を従える、最終的な勝敗は決しなかった。戦いの年月はいたずらに過ぎ去っていった。どの国も豊かさに陰りが見え始めた。国民は戦いに疲れ、兵力も弱まっていった。

 だが、何ごとにも終わりがある。この戦争もついに終結のときを迎えた。しかし、ギルドウォーを終わらせたのは、和平を仲介する巧みな弁舌でも、戦う者の手荒な武力でもなかった。人間同士の戦いは、より大きな戦いに飲み込まれたのだった。より大きな戦い、それはチャールが人間に仕掛けた戦いだった。かつてないほど大規模なチャールの軍勢が北から押し寄せ、人間の3つの王国を全て脅かしていた。50年以上ものあいだ互いに争いを繰り返していたアスカロン、オル、クリタの国々は、新たな脅威の出現に、三国間の争いを止め、自国の国境を守ることに専念し始めた。

 3つの王国は、この侵略に対してそれぞれ異なる方策を執った。アスカロンはひたすらその地を守ることを選んだ。一時ほどの兵力はなかったものの、結束してグレード ノーザン ウォールの守りを固めた。しかし、それも長くは続かなかった。運命の日、チャールは大量の炎と硫黄を撃ち込み、数百マイルの平原の全てを破壊し、焼き尽くした。これは魔法戦争(現在では炎の戦争と呼ばれる)と称され、アスカロンの命運は、この日を境に衰退していくのだった。チャールの部隊は偉大なる壁を越え、そこからさらにオルに向かって侵攻した。生き残ったアスカロンの人々は、グレード ノーザン ウォールをチャールから奪回し、断続的な攻撃を退けてよく守り抜いている。だが、そこにはかつての繁栄の名残もみることはできなかった。

 オルは別の道を選んだ。オル国王の顧問を務める1人の賢者が、侵略者を食い止めるために闇の魔術の力を利用することを王に進言した。この男は大理石でできたアルアの町並みの地下深く作られた礼拝堂に降りていくと、禁じられた巻物をひも解き、そこに記された呪文を目に焼き付けて我が物とした。やがて、賢者に解き放たれた闇の魔術の爆発力は、オルの半島を全て海中に没した。その時舞い上がった土埃のために、アスカロンとクリタの民は100日にわたって太陽を見ることができなかった。神聖なアルアの街にチャールが足を踏み入れることを防ぐことはできたが、代償として、ほとんどのオルの民の命が失われた。

 クリタには、チャールの侵入を防ぎきる武力も、押し通すだけの魔術の力もなかった。その時、戦いになれば「見えざるもの」が、必ずや我々をチャールから保護するだろうと説く男が現れた。国家として何の手立てを持たないクリタは結果としてだが、そのソール ダレッシオという男の言葉に、自国の命運を賭けた。恐らくは「見えざるもの」の加護によって、クリタはチャールの侵入を食い止め、獣を元の土地に押し戻すことができたのだった。

 ようやく、戦いの歴史に終結の兆しが見え始めてきたようだ。これから始まる新しい時代には、きっと我々人間も「強欲」が招いた過去の過ちから学ぶことを覚えるにちがいない。互いの憎しみを捨てさり、共に歩みを進めるべき時が来たのだと、気付くに違いない。それとも、かつてあらゆる国が繰り返して来たことを、我々も新しい時代にまた繰り返すのか。過去に目を背け、また新たな災いを我らが大地に解き放つのか。そうならないことを、祈るとしよう。我々が、これまでよりは賢くなっていることを期待して。

「ティリアの歴史」第1巻より抜粋

ギルドウォーズ~システム~
 ギルド ウォーズ(Guild Wars)は、これまでのMMORPGをプレイする上で単調になりがちな要素を改善するということをコンセプトに開発され、MMORPGの楽しさをそのままにテンポ良くプレイできるゲームとなっています。
 ゲーム内容は、ミッションやクエストの遂行を軸として進めていきますが、パーティー編成から開始までの手順が、大幅に簡略化されています。一度行ったことのある町や村は、次回から簡単に移動できますので、新しい仲間を見つけてパーティーを組めば、すぐに冒険に旅立つことができます。また、パーティーごとに専用のマップを用意しているので、場所の占有や獲物の横取りに悩まされることはありません。冒険の自由度の高さに加え、ゲームプレイの快適さを提供します。
 戦闘では、スキルの戦略性が重視され、先述のクエストの遂行でテンポ良くスキルを獲得していくことが可能ですから、長い時間をかけてレベル上げをしなくても、すぐにプレイを楽しみ、ゲームの魅力に触れることができます。どのクエストを選んでも、瞬時に開始地点に移動できるので、クエストのための移動時間を大幅に短縮できます。
 また、ギルド ウォーズは独自のスキルシステムを持っており、キャラクターをいろいろ試しながら、プレイすることができます。キャラクターの変更やサブキャラクターの育成を、短い時間で楽しみながら行える、キャラクター育成の自由度が高いゲームです。
 さらに、ギルド ウォーズでは、すべてのキャラクターがシームレスにつながるサーバーシステムになっています。友人に勧められてゲームを始めてみたけれど、サーバーが異なるために一緒に遊べなかったといった問題はありません。

・プレイヤーの選択肢は無限
 プレイヤーが使用するキャラクターには、多彩なタイプのキャラクターを作成することができます。そして、キャラクターの特性で重要なジョブは、ウォーリア、レンジャー、モンク、エレメンタリスト、メスマー、ネクロマンサーの全6種類のジョブからメインジョブとサブジョブの2つを選び、組み合わせる事が可能です。ジョブごとに約80のスキルが用意されていますから、サブジョブとの組み合わせを考えると可能性は無限大です。作成したキャラクターのグラフィックは、男女の性別や豊富なバリエーションの髪型と顔の形に加え、体格までも高い自由度で設定することができます。
 1つのアカウントで作成できるキャラクターは、最大4人までです。作り直しや削除も、いつでも自由にできるので、1つの役割に特化したキャラクターを作る事も、ジョブの組み合わせやスキル、特性をいろいろ試して、理想のキャラクターを作り上げる事もできます。

・対戦を楽しむ
 ゲームの楽しみのひとつに、プレイヤー対プレイヤー(PvP)の対戦の楽しみがあります。ミッションやクエストを引き受けて育成したキャラクターとは別に、個人参加のPvP戦やギルド同士の戦いのために専用のキャラクターを作ることもできます。その専用のキャラクターでは、アイテムやレベルの格差を心配することなくPvPを楽しめます。多彩なスキルとその組み合わせ、さらにはチーム編成と極めて高い戦略性がギルド ウォーズでのPvPの特徴です。
 そして、PvPでの勝利の鍵はレベルではなく「チームワーク」です。プレイに費やした時間ではなく、プレイヤーの個性、戦略、コミュニケーションで組み上げられたチームワークが強さを決めます。したがって、戦いに参加するために、キャラクターのレベルアップに長時間かける必要はなく、どなたでもすぐに楽しんでいただけます。
 ギルド ウォーズには、ギルドをサポートする様々なシステムがあります。ギルド専用のエンブレムや、ゲーム内でギルドメンバー間だけで連絡が取れる「ギルド メッセージ」、「ギルド ホール」があります。ギルド ホールは他のギルドに対戦を申し込んで戦うこともできます。ギルド同士の対戦の結果は世界全体でのランキングとしてWebサイトに発表されます。世界No.1のギルドを目指しましょう。

・独自のストリーミング技術
 開発会社「アリーナネット(ArenaNet)」のストリーミング技術によって、独自のアップデートが行われます。アップデートが行われた場合、プレイをしながらバックグラウンドで自分のパソコンにアップデートが適用されます。
 ギルド ウォーズの世界は常に変化し続けています。これまで体験したことのないダイナミックな冒険の世界をお楽しみください。

開発元:ArenaNet
発売元:エヌ・シー・ジャパン
価格:オープンプライス(パッケージ版)プレイ料金無料 / ダウンロード版980円(30日間)
必要環境
・OS 日本語版 Microsoft Windows(R)2000/XP・CPU PentiumⅢ 1.0GHz以上・メモリ 512MB以上・ビデオカード ATI Redeon 9000シリーズ以上 NVIDIA GeForce 4以上・HDD 2GB以上の空き容量 DirectX(R)8.1以上
勧奨環境
・OS 日本語版 Microsoft Windows(R)2000/XP・CPU Pentium4 2.4GHz以上・メモリ 1024MB以上・ビデオカード VRAM64MB以上・HDD 2GB以上の空き容量 DirectX(R)8.1以上

Guild Wars is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) NCsoft Corporation. All right reserved. (c) 2003 ArenaNet, Inc. All content of this website is copyright ArenaNet, a wholly-owned subsidiary of NCsoft Corporation. All rights reserved. ArenaNet, Arena.net and the ArenaNet logo, as well as Guild Wars, are trademarks or registered trademarks of NCsoft Corporation. All other trademarks are the property of their respective owners.


ギルド ウォーズ(Guild Wars)関連リンク
【Book】
Guild Wars: Prima Official Game Guide (Prima Official Game Guides)
【Game】
Guild Wars (ギルドウォーズ)
【Game】
ギルドウォーズ Campaign2 戦乱の章
【Game】
ギルドウォーズ Campaign3 審判の章

ギルド ウォーズ
ArenaNet
エヌ・シー・ジャパン
GuildWiki(英語) RPモードの情報が豊富
GuildWarsWiki 攻略サイト
ギルドウォーズ板(日本語版) コミュニティーサイト
最新記事のRSS☆ MMOfan 最新情報 ☆


【PR】おすすめオンラインゲーム

MMOファンに質問(・ω・)
 キャラの性別はどうしてる?
リアルは男性で、男性キャラ
リアルは男性で、女性キャラ
リアルは女性で、男性キャラ
リアルは女性で、女性キャラ
お気軽に投票して下さい♪

人気ゲームTOP10 (3月中旬)
1位.
CLOSERS

― 同
2位.
BLESS

― 同
3位.
セブンスダーク

↑ 2 Up
4位.
マビノギ

↑ 4 Up
5位.
エルソード

↑ 1 Up
6位.
イカロスオンライン

↑ 1 Up
7位.
アーキエイジ

↑ 27 Up
8位.
黒い砂漠

↓ 5 Down
9位.
シャドウバース

― 同
10位.
World of Tanks

↑ 34 Up
※カテゴリー別PV数に基づく順位

★ 3D RPG ★

★ 2D RPG ★

★ わいわい大規模戦争 ★

★ アクションゲーム ★

★ シューティングゲーム ★

★ ブラウザゲーム ★

最新記事のRSS
Valid CSS!